주요 기사 바로가기

3年で3倍に上がったSM時価総額、その背後には少女時代の力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.14 08:36
0



アイドルのパワーはエンターテイメント市場から経済的効果に立証されている。少女時代、スーパージュニア、BoAらが所属するSMエンターテイメントは今年の第一四半期の売上額が226億ウォン(約17億円)になった。昨年同期(144億)に比べ、1.5倍増えた数値だ。SM関係者は「下半期には少女時代の日本進出とBoAの10周年記念アルバムリリースが予定されており、上昇するだろう」と話す。特に昨年「Gee」人気に続き、上半期「Oh!」シンドロームを導いた少女時代はSMの時価総額を引き上げた主役と評価されている。少女時代デビュー当時776億ウォン(2007年8月2日)だったSMの時価総額は先月30日、2115億ウォンを記録、3年ぶりに約3倍に上がった。大宇証券キム・チャングォン研究員は「3年間 、SMの市場価値が急上昇したことは相当部分、少女時代効果による結果と見られる」と説明した。

大型歌謡企画会社はアイドルの上昇傾向とともに成長を繰り返している。昨年SMは 617億8849万ウォンの売上額を見せた。2008年(437億)比200億近く増えた数値だ。ビッグバン、2NE1らが所属するYGエンターテイメントも357億ウォン(2008年185億ウォン)の売上をあげ、成長した。所属アイドルグループがアルバム・CF、ミュージカル、ドラマ、映画など多方面で幅広い活動をした結果だ。JYPエンターテイメントはワンダーガールズの米国進出などに投資者集中し、前年比約7%程度売上が減ったが、100億台の売上額(101億 6354万ウォン)を維持した。

韓国コンテンツ振興院イ・ヒョンジュ大衆文化チーム長は「アイドルは波及力が非常に大きい文化コンテンツだ。音楽だけではなく大衆文化全般で頭角を現しながらエンターテイメント市場を育てると同時に、韓流の幅を広げる核心的役割をしている」と述べている。
【今日のイチオシ記事】
・中国スタンダードの国家格付け「米国13位、韓国14位、日本15位」
・日本が見た世界最高IT強国は「韓国」
・<W杯>韓国、最終順位15位…日本は9位
・日本、予言タコ「パウル」を連れてくる?
・ソウル大教授、海外ジャーナル掲載の論文を捏造


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    3年で3倍に上がったSM時価総額、その背後には少女時代の力

    2010.07.14 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    少女時代
    TOP