주요 기사 바로가기

在韓米軍司令官「戦作権延期は戦略的…韓米同盟強化される」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.01 11:15
0
 ウォルター・シャープ在韓米軍司令官は30日、「戦時作戦権の転換延期は戦略的なものであり、韓米同盟はさらに強化されるだろう」と明らかにした。

シャープ司令官はこの日、在韓米軍竜山(ヨンサン)基地で開かれた李相宜(イ・サンウィ)合同参謀本部議長転役行事で「戦作権の転換延期は韓国軍と米軍の変化の努力をさらに同調化するのに寄与するだろう」とし、このように述べた。

転役を控え、李相宜合同参謀議長は「韓国と米国は世界最強の同盟であり、韓米同盟の上に今日の大韓民国がつくられた」と強調した。
【今日のイチオシ記事】
・「ギャラクシーSの注文量すでに100万台超」
・<W杯>「ブブゼラも誤審の뒌因…集中力低下、無線マイクも聞こえない」
・北朝鮮大使、韓国の大使の腕をつかみ「こんなやり方でやるなら…」
・韓流スターの死…日本に衝撃が走った
・【ニュース分析】中国の壁に阻まれた対北制裁、安保理議長声明も容易でない


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP