주요 기사 바로가기

宇宙で「無重力愛情行為」本当に可能?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.29 17:32
0
80年代銀河系で生命体始祖と呼ばれる人が宇宙空間で分かちあう愛の性的表現を扱った日本マンガがある。そのようにマンガで見せてくれた宇宙人たちの愛情行為、それなら無重力状態である宇宙空間で性行為が可能なのか。

不可能なことではないが、宇宙飛行士たちの規律上、禁止されているのは事実だ。

4月に打ち上げられた米国宇宙往復船ディスカバリー号のアラン・ポインデクスター船長が28日、日本・東京の記者会見で宇宙空間でのセックスに対する雰囲気を証言した。

ポインデクスター船長は宇宙空間でセックスに対する答えとして「我々はプロとして互いに尊重し、職業的な観点で人間関係を結ぶ」とし「プライベートな関係は問題にならない」と言った。彼は深刻な表情で「そんなことはないし、今後ともない」と言った。

日本人女性1人と、乗務員6人を乗せたディスカバリー号は国際宇宙ステーション(ISS)で2週間にわたった補給品伝達任務を遂行した。

当時、宇宙ステーションにいた女性宇宙人は4人と歴史上最も多かった。実際、宇宙空間での性行為は公式的に許容されていないが、そこで生活する宇宙人たちには別の生活があったと明らかにされている。

ある前職宇宙飛行士は2007年に同僚宇宙飛行士どうし「ロマンス」に陥ったということだ。




【今日のイチオシ記事】
・胡錦濤主席「韓国の立場を理解…韓半島平和破壊行為には反対」
・<W杯>日本、8強なるか…今日のハイライト
・SS501を離れたキム・ヒョンジュン、ペ・ヨンジュンの家族に
・「ギャラクシー犂」が一日携帯販売記録を更新、アイフォーンを脅かす
・今年の国民所得、2万ドル回復の見込み

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP