주요 기사 바로가기

オバマ大統領「胡主席、北朝鮮が一線を越えたことを認めるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.29 09:57
0
 オバマ米大統領は28日(以下、日本時間)、海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」事件と関連し、中国が対北朝鮮制裁に加わるよう公開的に圧力を加えた。

オバマ大統領はこの日、カナダ・トロントで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の閉幕記者会見で、「中国の胡錦濤主席との会談(27日)では私は非常に直接的(very blunt)だった」と述べた。続いて「天安」事件の本質を「道徳的な等価性を持つ双方が論争する状況ではなく、好戦的な一つの国が他国に対して挑発的かつ致命的な行為に関与したものだ」と規定した。

特にオバマ大統領は「北朝鮮が一線を越えた例だという点を胡主席が認めることを望む。自制力を発揮することと、相次ぐ問題に意図的に目をつぶることは違う」と直撃弾を飛ばした。さらに「どっちみち平和は来るものだと勘違いし、北朝鮮の醜い挑発にためらいながら回避しようとするのは明らかな悪習だ」と述べた。‘回避’という表現を使うほど直接的だった。多者首脳会議の記者会見で、会議に出席した他国の首脳を指しながら圧力を加えるのは極めて異例だ。

 
オバマ大統領は「私たちの主な関心は、国連安保理が北朝鮮が国際社会で容認されない挑発にかかわっているという点を明白に認めることだ」と主張した。今週の安保理で本格化する「天安」協議を念頭に置いた発言だった。

会見の最後にオバマ大統領は「北朝鮮が規範を順守するまで持続的に圧力を加えるというメッセージを国際社会が共同で送らなければならない」とし「G20首脳らは(北朝鮮の挑発の)証拠を知っているだけに、同じ結論に到達すると考える」と強調した。

オバマ大統領は李明博(イ・ミョンバク)大統領について「(天安艦局面で)驚くべき自制力を見せた」とし「国際社会が力を合わせて李大統領を支援するのが絶対的に重要だ」と述べた。


【今日のイチオシ記事】
・「キム・ジョンウン、昨年最高人民会議代議員に選出」
・安秉万教科部長官「教科書独島敍述大幅に拡大」
・今年の国民所得、2万ドル回復の見込み
・【社説】G20ソウル首脳会議に与えられた役割と機会
・<W杯>日本、8強なるか…今日のハイライト

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP