주요 기사 바로가기

「戦作権転換延期」 米国の反応は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.28 08:43
0
 韓米両国首脳が26日(現地時間)、戦作権転換時期の延期に合意した。また韓米自由貿易協定(FTA)締結のための実務協議日程も同時に発表した。

こうした措置は、米国が韓国との戦略的同盟関係を最優先視している点を表すと、米国の報道機関と専門家は口をそろえている。

ホワイトハウス国家安保会議(NSC)のベイダー上級部長は「緊張が高まる状況で、韓国が韓半島の安全維持のための米国の役割を強調しながら戦作権転換の延期を望み、米国はこれを受け入れた」と述べた。米国務省の関係者も「米国が韓米同盟の戦略的重要性を考慮し、韓国の要求を受け入れた」と明らかにした。

 
ニューヨークタイムズは戦作権関連の新たな合意について「金正日(キム・ジョンイル)の追加挑発を抑止するのに役立つ象徴的な決定」と評価した。

戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓国研究責任者は「07年の戦作権転換合意当時と韓半島安保環境が大きく変わった状況で非常に望ましい決定が下された」と歓迎した。


【今日のイチオシ記階】
・<W杯>「FKが韓日を16強に導いた」…日本メディアが熱狂
・<W杯>ポルトガルのチアゴ「北朝鮮の選手、帰国後はどうなるのか…」
・クォン・サンウ「物議かもして反省」
・「中国、韓国に機密漏洩した疑いで中国共産党幹部を処刑」
・中国、「6・25は北朝鮮の南侵」初めて認めた

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP