주요 기사 바로가기

光化門の李舜臣像、42年ぶりに大手術

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.22 14:43
0
ソウル市世宗路の李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が手術を受ける。

イ・ビオソウル市都心活性化担当官は21日「2月、李舜臣銅像を内視鏡検査した結果、形象が崩れないように銅像の内部を横に支える鉄棒が相当部分腐食されているのが確認された」とし「これをステンレス素材に替えるとともに、別の素材を追加で入れて体を支えるようにする計画」と明らかにした。これとともに銅像内外にひびが入って割れた部分と42年前の製作当時、技術的問題で手がつけられなかった内部接合部位も溶接する計画だ。

ソウル市は亀甲船など銅像周辺の造形物も一緒に補修する。


【今日のイチオシ記事】
・<W杯>日本メディア「北朝鮮の大敗、後半の急激な体力低下が原因」
・<ゴルフ>申智愛が欠場中…宮里藍が世界ランキング1位に
・「Buy済州」…中国系資本が押し寄せる
・<W杯>‘幽霊ヒディンク’騒動…「韓国はサッカーでなく野球をした」苦言は沃ットユーザーの捏造
・<W杯>北朝鮮、サッカー靴のため負けた?


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP