주요 기사 바로가기

<W杯>「ブラジル苦しめた北朝鮮はすごい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.18 10:23
0
 試合が終わって2日が過ぎたが、南アフリカ現地では世界最強のブラジルと勇敢に戦った北朝鮮サッカーに対する感動の余韻がまだ残っている。

北朝鮮-ブラジル戦の翌日の16日午前(現地時間)、飛行機に乗るためヨハネスブルクのORタンボ国際空港に行くと、記者に話しかけてくる人が多かった。

ムービングウォークの反対側にいたインド系の女性は「昨日の試合は素晴らしかった」とあいさつを交わしてきた。記者が北朝鮮人と思ったのか、それとも北東アジア人はみんな似ていると考えているのかは知らないが、彼女の明るい表情からは真心が感じられた。

搭乗券を受けるためにパスポートを出すと、航空会社の女性職員は「韓国・北朝鮮のうちどちらを応援しているのか」と尋ねた。パスポートの国籍欄に「Republic of Korea」と書かれている人にとってはあきれる質問だったが、韓国・北朝鮮に対する概念がないものと理解した。

質問した人に配慮して「韓国・北朝鮮の両方を応援する」と答えると、「北朝鮮の試合に感動した」と言いながら親指を立てた。彼女は「私はブラジルが嫌い。どのチームでもブラジルを苦しめてくれればと思っていたが、全く予想しなかった北朝鮮がブラジルを慌てさせた。すごい」と声を高めた。

飛行機内で読んだ新聞にも北朝鮮代表の記事は大きく掲載されていた。「北朝鮮の前にブラジルの美しいサッカーはなかった」「北朝鮮がブラジルをがけっぷちまで追い込んだ」など北朝鮮の善戦を高く評価した記事が多かった。

数日前にギリシャを圧倒した韓国代表の活躍のおかげで何度か賛辞を受けたが、それとは比較にならなかった。ベールに包まれていた北朝鮮という存在、そしてその相手がブラジルだったため、衝撃はさらに大きかったようだ。
【今日のイチオシ記事】
・<W杯>マラドーナ監督「韓国、どの瞬間も私たちを統制できなかった」
・国連児童権利委、日箖歴史教科書問題点を指摘
・<W杯>韓国、1-4で完敗…すべてはメッシの足から始まった
・<W杯>アルゼンチンがギリシア破れば…韓国、ナイジェリア引き分けても16強
・前半終了間際でゴール…イ・チョンヨンとは誰?


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP