주요 기사 바로가기

<W杯>韓国、1-4で完敗…すべてはメッシの足から始まった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.18 08:38
0
 前半43分、リオネル・メッシ(バルセロナ)は韓国の守備手6人の間からもGK鄭成竜(チョン・ソンリョン)の位置を確認した後、ゴール右隅を狙って左足シュートを放った。やや外れたが、韓国守備手はメッシの技に足の力が抜けた。メッシは後半31分、単独突破からイグアイン(レアル・マドリード)の2ゴール目をアシストした。スコアは1-3に広がり、アルゼンチンの勝利に大きく傾いた。

サッカー史上最も優れた選手と評価されるペレは「サッカーは‘スター’ではなく‘チーム’がする」と話した。11人の組織力が極大化される時、最強のチームになるということだ。しかしこの言葉が通用しない場合がある。個人技が優れた選手1人が相手の組織を完全に崩してしまう場合だ。サッカーではこういう選手を‘ファンタジスタ’というが、過去のペレとマラドーナがこの類の選手だった。

今回の南アフリカワールドカップ(W杯)ではまさにメッシがファンタジスタだ。メッシは1ゴールも決めなかったが、この日の4ゴールはすべてメッシの足から始まった。結局、韓国はメッシを防げなかったということだ。

韓国は機動性がある朴智星(パク・チソン)と金正宇(キム・ジョンウ)にメッシ封鎖の任務を任せた。右サイドに入るという予想とは違い、メッシが中央でプレーしたからだ。しかし国際サッカー連盟(FIFA)の‘今年の選手’メッシは次元が違った。169センチの小さな体格で1・2人の守備は軽くかわした。老練な闘牛士のように時には激しく、時には柔らかく韓国守備選手を扱った。

メッシだけではなかった。ツートップのイグアインとテベス(マンチェスター・シティ)、そしてディ・マリア(ベンフィカ)もメッシ並みの個人技を誇った。特にハットトリックを達成したイグアインはチャンスを逃さない集中力を見せた。

ディ・マリアはナイジェリア戦での不振を拭い、呉範錫(オ・ボムソク)を武装解除させた。ディ・マリアを防ぐために呉範錫は攻撃に加われず、韓国の攻撃を難しくした。

個人技であまりにも差があったため、11対11で戦うという韓国の計画は水の泡となった。韓国はすべてのことが思い通りいかなかった。特に前半17分、朴主永(パク・ジュヨン)のオウンゴールは致命的だった。守備を優先する戦略だったが、予想より早くゴールを許し、選手たちは心理的に揺れた。

また後半12分、李青竜(イ・チョンヨン)のパスを受けた廉基勲(ヨム・ギフン)が1対1のチャンスでゴールを逃したのも惜しまれる場面だ。前半が終わる直前、李青竜のゴールで士気が高まった韓国が、後半に入ってややペースをつかんだため、廉基勲のゴールで2-2になっていたとすれば、試合は全く違う流れになったかもしれない。

朴智星もメッシを防ぐのに非常に多くの力を使った。韓国の攻撃をリードすべき選手だが、この日、朴智星の姿はほとんど見られなかった。後半、許丁茂(ホ・ジョンム)監督は奇誠庸(キ・ソンヨン)の代わりに金南一(キム・ナムイル)を起用したが、機動力が落ちる金南一は攻守ともに大きな力にはならなかった。
【今日のイチオシ記事】
・「ギリシャ、サッカーだけでなく危機克服方法も韓国から学ぶべき」
・「羅老」3度目の打ち上げなければ契約金の一部支払わない
・ミスコリアが3人、選手の妻の美貌はワールドカップ“最強”
・韓国戦争直後、米「北の再南侵時は中国ま얂核攻撃」
・<W杯>鄭大世の母「W杯決勝戦で共和国-韓国が会うことを望む」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP