주요 기사 바로가기

グーグル、韓国語音声検索を発表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.17 16:34
0
Google(グーグル)が英語、日本語、中国語などに引き続き、韓国語音声検索サービスを発表した。2008年、英語音声検索サービスを筆頭に昨年、日本語、中国語サービスを、1週間前にはフランス、イタリア、ドイツ、スペイン語サービスを発表した。

韓国語はGoogleが音声検索サービスをする8番目の言語だ。国内ではDaumコミュニケーションが9日、初めて韓国語音声検索サービスを発表した。イ・ウォンジンGoogleコリア代表は「以前はGoogleの新規サービスが韓国に入って来るのに数年ずつかかったが、これからは数カ月で入ってくる」とし「韓国が投資したい魅力的な市場に変わっていく」と述べた。

--韓国語音声検索サービスを始めたきっかけは。

「昨年、韓国はデータサービス分野で劣っていた。しかしアップルスマートフォンであるアイフォーンが導入された後、急速に変わっている。スマートフォンの需要が急増している。過去6カ月間、Googleのモバイル検索は韓国で10倍に成長した。アンドロイドフォンはこれをさらにたきつけている。アイフォーンがたき火をくべたら、アンドロイドフォーンはそれを山火事に大きくしている」




【今日のイチオシ記事】
・「ギリシャ、サッカーだけでなく危機克服方法も韓国から学ぶべき」
・「羅老」3度目の打ち上げなければ契約金の一部支払わない
・ミスコリアが3人、選手の妻の美貌はワールドカップ“最強”
・韓国戦争直後、米「北の再南侵時は中国まで核攻撃」
・<W杯>鄭大世の母「W杯決勝戦で共和国-韓国が会うことを望む」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP