주요 기사 바로가기

<W杯>マラドーナ監督「韓国戦勝利の可能性は50%」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.17 10:53
0
 韓国戦ではゴールを浴びせると強気の発言をしていたディエゴ・マラドーナ監督が、試合が近づくにつれて慎重になっている。韓国の戦力が予想以上に高いうえ、攻撃の出発点であるフアン・ベロン(35、エストゥディアンテス)がけがで抜け、守備が相変わらず不安定なためだ。

マラドーナ監督は16日(日本時間)の記者会見で、韓国に対する警戒心を表した。マラドーナ監督は「韓国に馬鹿のようにボールを譲ってはいけない」とし「韓国はスピードがあり、ボールに対する執着が強い。逆襲のチャンスを与えてはいけない」と述べた。

続いて「韓国にはメッシのような選手はいないが、一つのチームとして早く動く。すべての試合がそうだが、韓国戦の勝利の可能性は50対50」と話した。

マラドーナ監督は13日、ナイジェリアとの初戦を終えた後、「今日逃したゴールチャンスは韓国戦に備えて貯蓄しておいたものと考える」と話し、韓国戦でのゴール爆撃に自信を表していた。

アルゼンチン日刊紙クラリン(Clarin)のアバヤネダ記者は「韓国戦を控えて守備練習に相当な時間を割いたと聞いている」とし「アルゼンチン代表チームの関係者らから韓国の戦力は相当なものだというという話をよく聞く」と話した。

マラドーナ監督は最後に86メキシコW杯で‘太拳キック’で悪縁を結んだ許丁茂(ホ・ジョンム)監督にトゲのある一言を残した。マラドーナ監督は「試合前は当然、相手チームの監督とあいさつを交わす」とし「韓国を尊重するが、蹴りで選手生命を脅かしたり、骨折させたりしてはいけない」と皮肉った。


【今日のイチオシ記事】
・「羅老」3度目の打ち上げなければ契約金の一部支払わない
・「黄長?元秘書を殺そうと南派したのか」「はい」…北偵察総局暗殺組2人初の裁判
・<W杯>‘涙の闘魂’鄭大世に世界が注目…「速くて創造的で強い」
・北「安保理制裁時、軍隊が対応」
・オバマ大統領、‘北核制裁’1年延長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP