주요 기사 바로가기

<W杯>24年前の敗戦、今夜借りを返す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.17 08:36
0
午後8時30分アルゼンチン戦…許丁茂「韓国、世界の壁を乗り越える時になった」



1986年6月2日(日本時間)、メキシコワールドカップ(W杯)1次リーグ初戦で韓国はアルゼンチンと対戦した。1954年スイスW杯以来32年ぶりに出場したW杯本大会の最初の試合だった。W杯の熱気に委縮した韓国選手は本来の実力の半分も発揮できず1-3で完敗した。

あれから24年、韓国はまたアルゼンチンと激突する。17日午後8時30分、ヨハネスブルク・サッカーシティスタジアムで行われる南アフリカW杯1次リーグ第2戦だ。

今度は違う。24年前の韓国ではない。当時、選手としてぶつかった許丁茂(ホ・ジョンム)とマラドーナは、今回、監督としてまた会うことになった。許監督は「韓国は世界の壁を越える時がきた。守備だけするつもりはない」と覚悟を固めた。

写真は、メキシコW杯当時、許丁茂(真ん中)がマラドーナに激しいプレーで守備をしている場面。[中央フォト]


【今日のイチオシ記事】
・カジノに出入りしていた日本人観光客が投身ꦎ殺/ソウル
・<W杯>ベロン「韓国は激しい危険なチーム」
・【社説】今は安保危機状況…軍の混乱迅速に取りまとめよ
・日本「はやぶさ」の帰還導いたイオンエンジン輸出模索
・100億ドル規模のトルコ原発受注へ…UAEに続く‘快挙’

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯>24年前の敗戦、今夜借りを返す

    2010.06.17 08:36
    뉴스 메뉴 보기
    TOP