주요 기사 바로가기

【社説】宇宙への夢、決してあきらめない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.11 10:36
0
 昨日午後5時1分に打ち上げられた人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」が墜落した。昨年8月に続く2度目の挫折だ。テレビの画面は「羅老」が高度70キロ、発射137秒後に爆発しながら墜落する場面を映した。国民は何とも言えない心境で悲劇的な光景を見ていた。安秉万(アン・ビョンマン)教育科学技術部長官は「羅老上段のカメラ映像が(閃光により)明るくなったのを見ると、羅老1段目の燃焼区間で飛行中に爆発したと判断される」と述べた。長い間育んできた宇宙への夢は先に延ばすしかなくなった。

今回の打ち上げを控え、政府と航空宇宙研究院が非常に急いでいるような印象を与えたのは否めない。前日は消火装置が誤作動を起こして打ち上げが延期され、ロシア人技術者が自殺を図るという騒ぎもあった。このため打ち上げ強行を疑った国民が少なくなかったのも事実だ。しかし誰のせいにもできない。

ここで宇宙に向けた私たちの挑戦をやめることもできない。先進国の経験を振り返っても、宇宙への道は険しい茨の道だった。日本は4度も苦杯をなめ、ブラジルは3度もロケットが爆発した後、スペースクラブ(自国のロケットで自国の地から人工衛星を打ち上げた国)に加入した。幸い、私たちは追加打ち上げをめぐりロシアとの交渉が残っている。

今は2度の失敗に絶望するよりも、もう一度立ち上がる時だ。失敗も貴重な資産となる。爆発の原因を精密に分析し、3度目の打ち上げが成功するよう活用する必要がある。宇宙への挑戦は三拍子がそろわなければならない。終わりのない研究陣の情熱、政府の全面的な支援、そして国民の持続的な支持だ。約250人の研究陣は数年間も休日も返上しながら汗を流してきた。今回の打ち上げ失敗で誰よりも挫折感が大きいのは明らかだ。しかし宇宙への挑戦は単なる経済的な効果を越えて、私たちの未来の夢と希望がかかった問題だ。私たちの社会の力を集めなければならない。私たちの体の中にはあらゆる逆境を乗り越えてきたDNAがある。ここで宇宙への夢をあきらめることはできない。


【今日のイチオシ記事】
・「離陸1劂7秒後、ロケット搭載カメラの映像が突然明るく」
・羅老号、昨年1次打ち上げ時より惨憺たる結果…落胆する国民
・警察、緊急手術要する性暴行被害少女を手術させず現場に
・「北の半潜水艇」→「鳥の群れ」上部に変更報告を指示
・燃料調節失敗? 配管から燃料漏れ? 海に落ちた「5000億ウォンの宇宙の夢」

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP