주요 기사 바로가기

北大豊グループの朴哲洙総裁、9年前に韓国で外貨違法搬出容疑で逮捕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.06.07 14:31
0
 北朝鮮の外資誘致窓口である大豊(デプン)グループの朴哲洙(パク・チョルス)総裁が、9年前に国内で逮捕され、裁判を受けていたことが分かった。

裁判所と検察によると、中国同胞の朴氏は01年12月、特定経済犯罪加重処罰法違反(横領)などの容疑で逮捕、起訴された。 00年、南北経協事業で国内大企業に北朝鮮水産物などを納品することにしたが、代金だけを受け取って契約を守らなかった。 さらに数十万ドルを中国に密かに搬出し、偽造された私文書を使用した容疑が追加された。

朴被告は02年、釜山(プサン)地裁で懲役1年、執行猶予2年の宣告を受けた。 釜山地裁は横領容疑に対して無罪を言い渡したが、外貨違法搬出などの容疑は有罪と認めた。
【今日のイチオシ記事】
・速度が想像超越…量子コンピューター核心技術を初めて開発
・浅田真央「優雅なポーズもよく似合って」
・「若いヤツが私を殺そうとする」ウアンム閣事件後、金正男氏シンガポールに
・一切れ100ドルの和牛楽しむ・・・金正男氏の私生活
・カストロ氏「天安艦は米海軍が撃沈」

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP