주요 기사 바로가기

「46インチLEDテレビ」 韓米で100万ウォンの差

ⓒ 中央日報日本語版2010.06.03 14:44
0
 電子製品の価格は米国が韓国よりはるかに安いことが調査で分かった。

三星(サムスン)電子の46インチLEDテレビ(UN46C6300SF)は家電量販店「ベストバイ」で1529.99ドル、税込みで約1679ドルで販売されている。 韓国ウォンでは193万ウォン(1ドル=1150ウォンで換算)となる。 韓国のハイマートで同じモデルは298万ウォンで、なんと100万ウォン以上の差がある。 米国のほうが35.2%安い。

ノートパソコンも同じだ。 三星のR430の場合、ベストバイで629.99ドル、税金まで含めると691ドル。 韓国ウォンでは約79万4650ウォンとなる。 同じノートパソコンが韓国のハイマートでは92万4000ウォンで販売されており、 13万ウォンほどの差がある。 米国のほうが13%ほど安い。

米国輸出用と韓国内需用の製品仕様や機能・材料・部品・デザインが異なるのか。そうではない。三星電子のキム・セフン課長は「米国に輸出する同じモデル名の製品仕様には差がない」と明らかにした。

同じ製品なのに、なぜ価格に差が出るのか。キム課長は「アフターサービス(AS)期間が米国では1年だが、韓国では2年と長い。また米国では製品購入後に設置するための設置費や運送費が製品価格に含まれていない半面、韓国ではこうした費用が加わり、製品の価格が米国と比較して高くなる」と説明した。 キム課長は「しかし米国と韓国の流通構造が違うため、特定の流通会社が明示した価格を単純に比較するのは難しい」と付け加えた。


【今日のイチオシ記事】
・【社説】書生政治の限界を見せた鳩山首相の辞任
・‘親韓派首相’辞任を惜しむも「天安」協調維持に期待感
・ムン・グニョン「ドラマで生涯初のキス」
・【6.2地方選挙】ソウル市長に呉世勲氏当選確実
・<W杯D-8>韓国代表「2勝1分けで16強に行く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP