주요 기사 바로가기

米国務長官「北の指導者に責任を問う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.27 08:17
0
 26日に訪韓したヒラリー・クリントン米国務長官は「米国は北朝鮮と北朝鮮指導者に責任を問うために追加の対応措置と権限を検討する」と述べた。

クリントン長官はこの日、李明博(イ・ミョンバク)大統領を表敬訪問したのに続き、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官と会談した後、共同記者会見で「(天安艦事件は)容認できない北朝鮮の挑発」と述べ、このように明らかにした。また「米国にとって韓国の安保と主権は厳粛な約束」とし「米国と韓国は合同訓練計画を発表し、安保態勢を強化することで未来の攻撃に備える」と強調した。

柳明桓長官も「今後の北朝鮮の反応によっては、さまざまな追加の(制裁)措置が取られるだろう」と説明した。

クリントン長官は「天安」事件と関連した中国の役割について、「中国はこの問題の深刻性を理解しており、韓国と米国の憂慮に傾聴する準備ができていると見ている」とし「今後、中国と協議して協力していく」と述べた。

これに関し政府関係者は「中国の認識が変化しているということに李大統領とクリントン長官が意見が一致し、中国説得のために両国が最善を尽くすことにした」と伝えた。

クリントン長官は李大統領を表敬訪問した席で、「李大統領と韓国政府に対して明確な支持を表すために来た」とし「天安関連談話を通して李大統領は慎重な姿勢を維持しながらも強力なリーダーシップを見せた」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮の潜水艦4隻、東海から消える…海軍が追跡中
・「北朝鮮=主敵」 6年ぶり復活へ
・軍事訓練さえすれば北朝鮮軍は超非常態勢…「新チームスピリット」再開を検討
・北朝鮮「すべて戦時法に従う」
・日、米、EU、カナダ、同時多発「北朝鮮封鎖」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP