주요 기사 바로가기

EU、半導体価格談合で三星電子・ハイニックスに2804億ウォン罰金

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.20 09:52
0
 欧州連合(EU)が三星(サムスン)電子とハイニックスに半導体価格談合容疑で巨額の罰金を科した。EU執行委員会は19日、三星電子など半導体生産企業9社に総額3億3127万ユーロの罰金を科すと明らかにした。

世界1位の三星電子には全体罰金の半分に近い1億4572万ユーロが科された。ハイニックスに科された罰金金額は5147万ユーロ。ドイツのインフィニオン、日本のNEC・東芝・日立、台湾の南亜も罰金処分を受けた。

これら企業は98年7月1日から02年6月15日まで半導体価格を随時協議してきたことが明らかになったと、EU執行委は説明した。

談合事実をEUに情報提供した米マイクロンは制裁対象から除外された。三星電子とハイニックスも調査に積極的に協力した点が考慮され、罰金の10%が軽減された。
【今日のイチオシ記事】
・韓国軍の魚雷の表記、北朝鮮方式と全く違う
・李大統領、鳩山首相と通話…「科学的調査に敬意」
・北祖平統「天安沈没は南の謀略…無慈悲な懲罰加える」
・日メディア「北制裁に消極的な中国を説得」
・回収された魚雷の破片にハングル…決定的証拠


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP