주요 기사 바로가기

三星電子、今年26兆ウォン投資…過去最大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.18 09:56
0
 ‘超格差’。三星(サムスン)電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長が4月に経営に復帰して以来、会社最高経営陣の間ではこのメッセージがよりいっそう強まっている。2位グループと格差をさらに広げようという意味だ。

李健煕会長は17日、京畿道華城(キョンギド・ファソン)三星ナノシティで開かれた「華城事業場メモリー16ライン起工式」に出席し、こうした意志を改めて確認した。

李会長は起工式で、「世界経済が不確かで経営条件の変化が深刻だと予想されるが、こういう時期に投資を増やして人材をさらに確保し、グローバルビジネスチャンスを先行獲得する必要がある」とし「そうしてこそグループにも成長の機会が訪れ、国の経済成長にも役立つ」と述べた。

これに伴い、三星電子は半導体・液晶画面(LCD)など設備投資18兆ウォン、研究開発(R&D)投資8兆ウォンなど、計26兆ウォン(約2兆2000億円)を投資すると発表した。これは国内企業史上、最大の規模となる。

三星電子は今回の16ライン投資などをきっかけに半導体で約3000人、LCDで約4000人など計1万人余りの人材を採用する計画も明らかにした。

匿名を求めた三星電子の関係者は「業界2位グループとの差をさらに広げてこそ収益が急増し、超一流グローバル企業の地位を固められる」と、その背景を説明した。昨年、売上高100兆ウォン、営業利益10兆ウォンを超える過去最高の実績を収めたが、いくつかの分野で激しい追撃を受けたことに対する危機意識も込められた。

これに先立ち李会長は今月初め、会社戦略会議を主宰し、太陽電池・バイオ・医療機器などに10年間で23兆ウォンを投資するなど大規模な新事業投資計画を明らかにしている。今回は従来の主力事業である半導体・LCD分野で積極的な投資の意向を表した。


【今日のイチオシ記事】
・政府「天安艦調査結果発表直後に安保理議長に書簡送る」
䖁統一部、10の政府部処対北事業制動
・魚雷のスクリューと推定される破片を発見
・ 「明日、天安艦沈没海域で対北チラシ50万枚を散布」
・李大統領、「金正日の責任」言及の可能性…今月末の「天安」談話で

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP