주요 기사 바로가기

米国人の3割が三星携帯電話を使用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.17 11:08
0
 三星(サムスン)電子の携帯電話が米国市場で初めて30%の市場シェアを突破した。現地市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、三星電子は1-3月期、米国市場で1230万台の携帯電話を出荷し、市場シェア30.1%を記録した。これは前年同期比3.4ポイント増。

三星電子はカナダでも60万台の携帯電話を出荷し、北米市場全体で1-3月期29.9%のシェアを確保した。08年7-9月期以来、北米で7期連続1位。SAは来月発売予定の三星スマートフォン「ギャラクシーS」についても「販売増加が続くと予想される」と分析した。

LG電子は北米で1-3月期、790万台の携帯電話を出荷し、市場シェア2位(18.2%)を維持した。ただ、前年同期比では1.3ポイント減となった。
【今日のイチオシ記事】
・<野球>金泰均、李承?の前で11䖁12号本塁打
・「天安艦沈没、魚雷による攻撃が確実…‘北朝鮮の攻撃’に言及も」
・米「北朝鮮テロ国再指定」証拠収集
・温家宝首相、「金正日の破格支援要請」を拒否
・北「韓国艦艇がNLL越えたらとにかく撃て」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP