주요 기사 바로가기

三星電子、今年半導体・LCDに最大19兆ウォン投資

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.16 09:23
0
三星(サムスン)が23兆ウォン(約1.9兆円)規模の新事業投資に続き、主力産業である半導体と液晶表示装置(LCD)分野に大規模投資を準備している。

三星電子は17日、京畿道華城(キョンギド・ファソン)半導体事業場で李健熙(イ・ゴンヒ)会長が出席した中、半導体の新規ライン起工式を行い、今年の投資計画を修正発表する予定だと14日、明らかにした。投資規模は18兆~19兆ウォンだという。これは三星電子が過去最も多かった2008年の投資14兆ウォンを超えた歴代最大規模になる見通しだ。

半導体部門に10兆ウォン以上投資し、残りはLCDなどに投入する予定だ。三星電子の当初の今年の投資計画は半導体5兆5000億ウォン以上、LCD3兆ウォン水準だった。

このような投資拡大は「ほかのグローバル企業が様子を見ているときに果敢に投資し、機会を先行獲得しなければならない」という李会長の意によるものと伝わった。

続く大規模投資計画の確定は三星の得意とする「スピード経営」で完全に復帰したことを意味すると業界は受け入れている。IBK投資証券イ・ガグンアナリストは「元々、不況期であればあるほど生産力を増やすのが三星の経営スタイル」とし「半導体景気が底だった昨年、投資を増やさなければならなかったが、果敢な意思決定を下すことができなかった。今年は三星のスタイルどおりに投資するということを意味する」と話した。

大規模投資により、グローバルDRAM市場で三星の1位はますますその地位を確固たるものとする見通しだ。同アナリストは「最近3~4年の間に新規DRAM工場ができるのは初めて」とし「新規ラインが稼働すればDRAM市場で三星のシェアは昨年32%から来年には38%まで上がる」と話している。

LGディスプレーとのLCD市場1位争奪戦も熱くなりそうだ。先月LGディスプレーが今年の投資計画を5兆5000億ウォンに増やし、既存に3兆ウォン投資計画を決めた三星と差を広げるとみられたが、三星が投資を増やすことにしたため、競争が激しくなる見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP