주요 기사 바로가기

ジェームズ・キャメロン監督、SM・三星電子とタッグ

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.05.13 18:07
0



全世界28億ドルの興行収益をあげた3D映画「アバター」の監督ジェームズ・キャメロンがSMエンターテイメント、三星(サムスン)電子とタッグを組む。

SMエンターテイメントは13日「ジェームズ・キャメロン監督とSMエンターテイメント、三星電子が14日午前11時、ソウル瑞草洞三星電子社屋で3Dコンテンツ協力関連記者懇談会を開き、具体的な事業方向に対して説明する予定」と伝えた。

現在、三星電子はフルHD3Dテレビを世界で初めて発売するなど3D映像事業に総力を傾けている。SMエンターテイメントも今年初め、韓国科学技術研究院を訪問して開発中の3D関連技術などを芸能産業に利用するアイディアを構想したという。今回の懇談会にはSMエンターテイメントプロデューサー李秀満(イ・スマン)氏と歌手BoA、ユンホ、チャンミンらも参加する予定で、これら事業に対する関心はますます高まっている。


【今日のイチオシ記事】
・ 政府・専門家「北の核融合技術開発はでたらめ」
・ 中・高校歴史科目「独島教育」大幅に増やす
・「不況の時期に投資? 韓国はこれを実現した世界最初の国」
・小型車ꊐ界1位のスズキ、下半期にも韓国に進出
・「ニンジャアサシン」ピ、米MMA最終候補5人に


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ジェームズ・キャメロン監督、SM・三星電子とタッグ

    2010.05.13 18:07
    뉴스 메뉴 보기
    TOP