주요 기사 바로가기

「米国に日本軍慰安婦追慕碑」在米同胞高校生が設立を推進

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.13 17:11
0
「ついにやった」--。

20日(現地時間)、米国ニュージャージー州韓人密集地域であるパリサデス・パーク市議会会議場で、韓人高校生たちが歓呼の声をあげた。市議会は日本軍慰安婦追慕碑建立のために市当局が図書館の前庭を提供することを骨子とした決議案「OC7」を圧倒的な支持で通過させたからだ。

表決に先立って韓人高校生たちはジェームズ・ロタンド市長と市会議員が参加した中、プレゼンテーションを行った。ニューヨーク・ニュージャージー州を中心に韓人社会の草の根権益伸長運動を展開する韓人有権者センター(KAVC)で、昨夏インターンをした同胞の生徒たちたちだった。

生徒たちは「日本軍慰安婦は第2次世界大戦当時、日本政府が組織的に犯した罪」とし「これからこうしたことが二度と繰り返されないよう、追慕碑を建てて多くの人が記憶できるようにしなければならない」と説明した。生徒たちの説明が終わった後、市議会は熱く討論をした。

韓人高校生たちが日本軍慰安婦追慕碑設立を推進したのは昨年7月だ。パリサデス・パーク市が属したベルゲン郡裁判所の庭にアイルランド人、ユダヤ人、黒人が受けた苦痛の歴史を記録した碑石が建てられているのを見たことがきっかけだ。これらは第2次大戦の代表的犠牲者である日本軍慰安婦を追慕する碑石を建てるということで意気投合した。

この日の決議案通過を見守るために来たデニス・マックナーニ・ベルゲン郡行政担当は「韓人生徒らの歴史意識が印象的」とし「日本軍慰安婦は全世界が忘れてはいけない戦争犯罪」と強調した。


【今日のイチオシ記事】
・ 政府・専門家「北の核融合技術開発はでたらめ」
・ 中・高校歴史科目「独島教育」大幅に増やす
・「不況の時期に投醎? 韓国はこれを実現した世界最初の国」
・小型車世界1位のスズキ、下半期にも韓国に進出
・「ニンジャアサシン」ピ、米MMA最終候補5人に


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP