주요 기사 바로가기

輸入車の月間販売台数が過去最多…トヨタも回復へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.05.07 11:42
0
 景気が回復する中、国内で輸入車がよく売れている。韓国輸入自動車協会によると、4月の輸入車新規登録台数は前年同月比51.1%増の7208台を記録した。3月(7102台)に続いて2カ月連続で7000台を超え、月間基準で過去最多となった。輸入車の市場シェアも6.64%にやや増加した。また今年1-4月の輸入車販売台数は2万7125台で、年間販売台数8万台超の可能性も高まっている。

ブランド別にはBMW(981台)が先月出したニュー5シリーズの影響で、メルセデスベンツ(897台)を抜いて8カ月ぶりに1位になった。メルセデスベンツは3月に比べて販売台数が300台ほど減り、2位に落ちた。フォルクスワーゲン(894台)、トヨタ(677台)、アウディ(655台)、フォード(614台)、ホンダ(548台)、日産(408台)、レクサス(367台)、クライスラー(221台)が後に続いた。

トヨタの回復傾向が目を引いた。トヨタは年初のリコール問題で販売が停滞したが、4月には前年同月比32.2%増となった。特に「カムリ」は4月に467台が売れ、輸入車モデルでは1位になった。3月(232台)比で大幅に増えた。レクサス「ES350」(199台)も販売が増え、9位に入った。18カ月間無利子分割払い、5年・10万キロ無償点検サービスを提供するなど攻撃的なマーケティングがこうした成果につながったと分析される。

フォード「トーラス」(456台)が「カムリ」に次いで2位になった点も注目される。米国車がモデル別販売台数で5位以内に入ったのは昨年2月のクライスラー「300C 2.0ディーゼル」(5位)以来14カ月ぶり。

メルセデスベンツの「E300」(256台)は、BMWのニュー5シリーズ登場で顧客が分散し、3位にとどまった。先月登場したBMW523(207台)も物量不足で7位に終わった。BMWコリア関係者は「今注文しても7月以降の納車となる」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・ 金正日、歓送行事もなく急いで帰国 「儀典上の格に合わず」
・「朝中特殊関係を認めるべき…韓中関係に亀裂が生じたのではない」
・ 天安艦煙突、切断面から火薬成分検出
・「金正日が核放棄宣言しても、天安艦調査前の6カ国協議再開はない」
・「世界で最も影響力のある100人」行事に出席したキム・ヨナ


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP