주요 기사 바로가기

上海万博PRソング、「日本の歌盗作」疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.04.20 11:54
0
 上海万博PRソングが日本のドラマ挿入曲を盗作したという疑惑が提起され、使用が中断された。

19日の広州日報など中国メディアによると、上海エキスポ事務局は公式ホームページで、「著作権問題のため上海万博PRソングに選定した『2010はあなたを待っている』の使用を一時中断した」と明らかにした。その一方で組織委は「この曲はエキスポ公式主題歌ではない」と強調した。

しかし中国メディアは、エキスポ開幕まで残り1カ月となった先月30日、34曲の公募曲のうち唯一この曲が万博PRソングに選ばれた、と伝えた。

この曲は中華圏スターのジャッキー・チェン、アンディ・ラウ(劉徳華)、スポーツ英雄のヤオ・ミン(姚明)、劉翔、李寧らが一緒に録音し、4月1日から中国主要放送で万博PRソングとして紹介されている。

万博PRソング盗作問題は、最近あるネットユーザーが「12年前に日本の女性歌手、岡本真夜が歌った『そのままの君でいて』と非常によく似ている」と疑惑を提起したことで浮上した。この曲は96年、TBSドラマ「帰ってきたセカンドチャンス」の挿入曲として使われた。

こうした事実を香港の鳳凰衛星テレビが15日に大きく報道したことで、万博事務局が曲の使用を暫定的に中断することになった。
【今日のイチオシ記事】
・ 羅老号打ち上げ6月9日
・ キム・ヨナ「バンクーバーで二度泣いた理由」
・ 李大統領、3分間46人の名を呼んで涙流す
・ 日本・中国観光客誘致に「現地ブログマーケティング」
・ 犠牲将兵を「肉」扱いした海軍軍医官、職位解除


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP