주요 기사 바로가기

「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」… 全世界哀悼声明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.04.12 10:33
0
大統領と数十人の国家リーダーを一瞬に失ったポーランドは深い悲しみに陥った。ドナルド・トゥスク首相は「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」とした。内閣制国家であるポーランドの大統領は象徴的国家元首で、主要国家政策は首相が管掌する。現地メディアは首都ワルシャワの大統領宮前に涙を流す市民たちが行列していると伝えた。都心のピルスドスキ広場ではカチンスキ大統領を追悼する行事が行われている。国民は11日午後大統領夫妻の遺体がロシアからワルシャワに運ばれる姿をテレビを通じて見守った。この日、ポーランドのすべての聖堂では追悼ミサが行われた。前教皇ヨハネパウロ2世の生まれたポーランドは国民の95%がカトリック信者だ。

世界各国も悲しみをともにした。バラク・オバマ米国大統領は事故直後、トゥスク首相に電話をかけて「カチンスキ大統領は人間の尊厳と自由のために献身したリーダーだった」と伝えた。米国国務省は別途の哀悼声明を出した。

自国内での航空機事故で立場を悪くしたロシアのメドベージェフ大統領はテレビに出て「遺族を助けることなら何でもする」と述べた。ニコラ・サルコジ・フランス大統領ら主要世界のリーダーたちも哀悼を表した。

李明博(イ・ミョンバク)大統領は10日、ポーランド政府に弔電を送った。李大統領は「ポーランド国民に深く弔意を示す」とし「ポーランドの自由化と民主主義を導いたカチンスキ大統領の情熱と業績は世界の人の心の中に永遠に記憶される」と伝えた。


【今日のイチオシ記事】
・【社説】尋常でない北朝鮮の動き…徹底的に備えるべき
・ 北朝鮮「金剛山の不動産凍結、明日執行」
・ 「ポーランド現代史で最も悲劇的な事件」… 全世界哀悼声明
・ 韓国含み20カ国「奪われた遺物の返還求め協力を」
・ ウナギ完全養殖に成功/日本


最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP