주요 기사 바로가기

「韓米FTA、進展なければ米国企業の成長に危険」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.04.05 16:59
0
 米通商代表部(USTR)のカーク代表が、韓米自由貿易協定(FTA)批准が遅れる場合、米国企業の成長に危険をもたらすため、韓国・パナマ・コロンビアとのFTA締結のために積極的に努力するという立場を再度強調した。

カーク代表は2日(現地時間)、ブルームバーグTVとのインタビューで、「オバマ政権が発足した14カ月前に比べると(批准が)近づいた」と明らかにした。 カーク代表は「オバマ大統領は、雇用を創出して輸出主導権を確保するうえで、3カ国とのFTAの早期批准が重要な役割をするという点を明確にした」と付け加えた。

カーク代表は、「韓国とのFTAに進展が見られない場合、米国企業が世界で最も速い成長を見せている経済圏から押し出されるおそれがあるか」という質問に対し、「実際にその危険がある」と答えた。

カーク代表は3カ国とのFTAをすべて年内に終えられるかどうかについては懐疑的な反応を見せたが、少なくとも一つは年内に締めくくりたい、と述べた。 FTAの進行状況に関しては「市場への接近と製品の問題について韓国と率直に協力している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP