주요 기사 바로가기

日本の大相撲に金髪力士

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.04.02 15:35
0



日本の大相撲に新しい金髪外国人大関が誕生した。

大関は最高位である横綱の下の地位で、3場所連続で三役(関脇・小結)の地位にあり、通算の勝ち星が33勝以上の力士に与えられる。日本相撲協会は先月31日の理事会を開き、エストニア出身力士把瑠都(25)の大関昇進を満場一致で決めた。彼は歴代8人目の外国人大関だ。ヨーロッパ出身では2008年、大関となったブルガリア出身琴欧州に続き2人目だ。柔道選手として来日し、相撲に転向した把瑠都は2004年に新入幕を果たし、6年で大関に昇進した。198センチ、188キロの巨漢を生かし、力の相撲を見せる。大相撲の初の金髪力士で、初めは頭を日本人のように黒く染めなければならないのではないかとまで論議を呼んだ。

1998年、外国人力士採用の自粛を解いて再び門戸を開放した相撲界は現在、外国人歴史が平定している。

相撲界の外国人の割合は95年2.5%で2005年には8%まで増えた。特に上位圏にいくほどモンゴル、ロシア、グルジア、ブルガリアなど外国人の割合が高い。幕内力士は28%が外国人だ。日本人力士が最後に優勝した大会は2006年春場所だ。その後25場所連続して外国人力士が優勝している。日本の国技である大相撲を、外国人力士たちが掌握するという悲観論もあるが、興行面では外国人スター力士たちの活躍が絶対的だ。最近、数年間相撲界の悪童として話題を集めたモンゴル出身の横綱、朝青龍が今年初め、酒に酔って暴行事件を起こして引退後、観客が減少した。

日本相撲協会規定によれば2場所連続優勝した力士に対して審査を経て横綱の地位を付与する。現在はモンゴル出身の白鵬が唯一の横綱だ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の大相撲に金髪力士

    2010.04.02 15:35
    뉴스 메뉴 보기
    TOP