주요 기사 바로가기

グーグル「韓国語音声認識モバイルサービスを出す」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.03.19 15:56
0
--アンドロイドフォンの検索初期画面は無条件にグーグル検索が起動することになり、ネイバーなど他の検索会社から公正でないという批判を出ている。

「アンドロイドは誰でも自由に使える‘オープンソースプラットホーム’だ。 基本的にグーグルを使う理由はない。 現在出てきたアンドロイドフォンは検索を中心とするため、スマートフォン事業者の立場でグーグルが有利だと考えた」(チャン氏)

--ゲーム等級委員会が「アンドロイドマーケットのゲームが審議を受けなければサイトを閉鎖する」と明らかにしたが。

「重要な問題なので協議中だ。 合理的な案を作れるように努力している」(バラ氏)

--モバイル事業戦略の哲学は。

「最初から完璧にはいかない。 欠陥がある程度減ればまず製品を出し、その後に生じた問題は改善していく。 このため、どの製品がいつ出るかは、これを総括する私たちもよく分からない。 またプライバシー侵害の問題を減らすことに力を注ぐ。 位置基盤サービスの長所を増やしたサービスを提供しながらも、当事者にサービス提供の意図を知らせ、拒否する場合はサービスを遮断する」(チャン氏)

--アンドロイドプラットホームがアップルのアイフォーンプラットホームと2強構図を形成すると言われている。

「2強構図とは考えていない。 三星(サムスン)の‘パダ’など、さまざまなプラットホームが登場して競争すれば、いくつかのプラットホームが新しい世代を率いていくだろう。 来年は世界的にスマートフォンの販売量がパソコンの販売量を超え、2013年までにモバイルデータトラフィックが現在より100倍以上に増えるという予測もある。 市場は大きい」(バラ氏)


グーグル「韓国語音声認識モバイルサービスを出す」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP