주요 기사 바로가기

「非加盟国・NGOの批判を受け入れてこそG20成功」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.03.16 17:34
0
 「貧しい国から先進国になった韓国は、世界の首脳が途上国支援について議論する理想的な場所だ」。

世界的救護団体オックスファム・インターナショナルのジェラミー・ホブス事務総長(51)は「(今年11月に)ソウルで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、開発途上国支援について活発に論議されることを願う」と述べた。

ホブス総長は「G20首脳会議は先進国中心の主要8カ国(G8)の限界を克服しようという集まりであるだけに、加盟国だけの閉鎖的な会議になることを警戒しなければならない」とし「G20の成功のために非政府機構(NGO)などの建設的な批判を受け入れられるよう開放的な構造で運営される必要がある」と指摘した。

G20の議題などを話し合うために訪韓したホブス事務総長に最近、ソウルウェスティン朝鮮ホテルで会った。

以下は一問一答。

--G20首脳会議で韓国に期待する役割は。

「韓国はG8に属さない国の中で初めてG20首脳会議を主宰する。 先進国中心のG8の偏向を是正する機会をつかんだのだ。 韓国は今年のG20首脳会議を、公正かつ、さまざまな声が反映される会議にする必要がある」

--G20会議を成功させるには。

「G20会議が加盟国政府だけが参加する閉鎖的な会議になれば未来はない。 非加盟国やNGOが声を出し、建設的な批判をしてこそ、強力な機構に生まれ変われる。 仮にG20会議が批判を受け入れられなければ、市民団体が過激化し、国際協議体としてのG20の地位は大きく落ちてしまうだろう。 昨年コペンハーゲンで開催された気候変動首脳会議でデンマーク政府が秘密気候変動協約草案を作り、これがばれて会議が難航したが、韓国政府はこれを反面教師としなければならない」
「非加盟国・NGOの批判を受け入れてこそG20成功」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP