주요 기사 바로가기

【社説】中国人民元の秩序ある調整が最善

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.03.16 10:34
0
 中国にとって人民元の切り上げは大きな懸案だ。中国は輸出を通して世界2位の経済大国に成長した。国内総生産(GDP)で輸出が占める割合は韓国より高い。人民元の切り上げは中国にとって致命的かもしれない。その間投資してきた莫大な設備が過剰設備に転落する恐れもある。中国としては人民元の価値を低く維持し、雇用と輸出を維持したいという誘惑を駆られるだろう。温家宝中国首相は先週末「強制的な方法で他国の為替レートに圧力を加えるのは穏当でない」と反発した。「人民元の為替レートは中国が自ら、徐々に、合理的な範囲内で調整する」という3大原則を改めて確認した。

しかし国際貿易と為替レートには相手が存在する。オバマ米大統領は先週、「中国は市場親和的な為替レート体系に移行すべき」とし、人民元切り上げに向けて露骨に圧力を加えた。今後、米国の輸出をもっと増やすという輸出促進政策を持ち出した。輸出有望品目の発掘と貿易金融を通した支援までも約束した。中国と米国が正面からぶつかる流れになっている。温首相が「中国の内需促進と輸入拡大を通して貿易不均衡を解消できる」という妥協策を提示したが、力不足だ。米国の不満が爆発し、来月15日に中国を為替レート操作国に取り上げれば、通商摩擦戦争は避け難くなる。世界経済の最も不幸なシナリオだ。

国家間の友誼はどちらか一方の忍耐が必要だ。その間、全世界は中国の社会安定のための方法の一つとして人民元の低評価を容認してきた。今はこうした忍耐が限界に来ている。人民元の低評価が世界経済を脅かしているのだ。中国の人為的為替レート政策は米国の過消費とともにグローバル経済破綻を招いた主犯に挙げられて久しい。中国の経済規模が脹らみ、いまや体を隠せる陰もなくなった。グローバル経済不均衡を解決するため、人民元切り上げが避けられなくなっている。

強大国間の為替レート戦争は大きな後遺症を残すものだ。歴史的に見ても激しい通商摩擦と急激な為替レート変動につながってきた。中国は人民元を犠牲にしようとする外国の圧力に不満を感じているだろう。しかし中国にとって人民元の秩序ある調整が最善の選択と考えられる。世界経済の安定した成長を後押しし、中国に及ぼす副作用を減らせる唯一の道ではないだろうか。中国は人民元の切り上げがもたらすプラスの効果に視線を向ける必要がある。中国が悩むインフレと資産バブルも遮断できる。中国国民の生活の質が高まり、長期的に内需の拡大にもつながるだろう。

韓国はその間、中国の経済成長によって反射利益を享受してきた。今は人民元の切り上げに備える時になった。短期的には対中国輸出が増えるだろうが、長期的に見ればウォン高など韓国に不利な側面が少なくない。しかし人民元の切り上げは終わりでない。世界経済の構造調整の出発点という事実を念頭に置かなければならない。世界経済の枠組みを正す、長くて苦痛な手術が始まるのだ。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP