주요 기사 바로가기

ユ・スンジュン「2PMのジェボム脱退に心が痛んだ」

ⓒ JES/中央日報日本語版2010.02.25 17:15
0



ユ・スンジュンが、韓国人を侮蔑する発言で2PMを脱退したジェボムについて「胸が痛む」と語った。 2人はともに米国市民権者だ。

ユ・スンジュンは映画「大兵小将」の香港プレミアに出席、ムービーウィーク(26日出版)とのインタビューで、「自分がこういう話をしてもよいのか分からないが、その友人(ジェボム)の人生においてこの事件がどのように残るか心配だ。 人間だから失敗をすることもある。 機会を与えればもっと成長するはずだが、残念だ」と述べた。

02年に兵役忌避疑惑で入国禁止措置を受けたユ・スンジュンは「これまで一度も韓国を忘れたことはない」と吐露し、「韓国の放送を見るだけでも、かつて自分がいたところを思い出し、胸が熱くなる。 今でも韓国のことを考えれば涙が出る。 韓国は自分が生まれたところで、自分の名前を取り戻したところだが、また韓国に入って仕事ができるとは期待していない。 ただ、国民の皆様から許しを受けたい」と述べた。

インタビューで終始涙を浮かべていたユ・スンジュンは「8年という時間が過ぎたのに、なぜ韓国に行けないのか、 なぜ自分がこれほど韓国とぎこちなくなったのかと考えると非常に残念だ。 当時は判断力も人格も不足していて、考えも浅はかだったようだ。 改めて国民の皆様にお詫びしたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ユ・スンジュン「2PMのジェボム脱退に心が痛んだ」

    2010.02.25 17:15
    뉴스 메뉴 보기
    TOP