주요 기사 바로가기

政府、国産戦闘機・攻撃ヘリ開発の背景(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.22 10:03
0
防衛事業庁はKFXの開発費として5兆ウォンを予想している。開発されれば空軍にまず120機、追加で130機の合わせて250機を供給する計画だ。1次分120機を生産すれば10~12兆ウォンが回収できると専門家は推定している。

防衛産業業界ではKFXの輸出見通しも高いとみている。業界によると世界的にF-16クラスの戦闘機は開発されておらず、今後2000~3000機の需要が生まれる見通しだ。こうした中、700~800機をKFXで受注できるという。これによりKFXの開発から他の国と共同で推進して開発費を分担し、輸出効果も高めることが検討されている。

国産攻撃ヘリは陸軍が運用しているAH-1コブラと対戦車ミサイルTOWを装備した500MDヘリを代替する。陸軍が保有する70機の500MDは2008年に退役が始まり、2018年には完全になくなる。コブラも陸軍が70機を保有しているが、2017年から2021年にかけてすべて退役する予定だ。攻撃ヘリは有事の際に北朝鮮軍の戦車など機動部隊を遮断する役割をする。

政府はすでに開発された国産機動ヘリの技術を基盤に攻撃ヘリをはじめ輸送ヘリと上陸機動ヘリなど派生型を開発する計画だ。また軍用ヘリ技術を基に民需用ヘリを開発し国内需要に充当するほか、海外輸出も進める予定だ。


政府、国産戦闘機・攻撃ヘリ開発の背景(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP