주요 기사 바로가기

加平マス祭りに9日間で34万人来場

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.18 10:19
0



加平(カピョン)のマス釣りが人気の冬祭りとして注目されている。

京畿道(キョンギド)加平郡によると、チャラ島一帯で行われる「第2回チャラ島冬祭り」に17日まで34万人が来場したものと暫定集計された。イ・ジンヨン郡守は「16日の9万人に続き17日に13万人が来場するなど、郡ができて以来、最も多くの人が加平を訪れた」と述べた。「このような状況なら目標である40万人の2倍である80万人誘致が無難なものとみられる」とし、「これによって当初、直接経済効果60億ウォン、間接地域経済波及効果100億ウォンとしたが、直接経済効果120億ウォン、間接地域経済波及効果280億ウォンに増やした」と述べた。

この冬祭りの人気プログラムはマスの氷釣りだ。全参加者の80%以上が氷釣り場を訪れている。加平郡は4億ウォンをかけて長さ30センチ、重さ500グラムのマス10万匹を江原道平昌(カンウォンド・ピョンチャン)などの養殖場で購入し、釣り場に放している。今回の祭りは9日に開幕し、31日まで続く。


【今日のイチオシ記事】
・ 【コラム】第2、第3の原発輸出のために
・ 日系銀行の「日流」支援により6カ月でソウル進出
・ 北、韓国打撃想定訓練…240ミリ放射砲テレビで公開
・ 「ソウルで強震なら67万人が死傷」
・ 思い出のアトムがiPhone用ゲームとして登場
・ MBCドラマ「善徳鞏王」に盗作問題


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    加平マス祭りに9日間で34万人来場

    2010.01.18 10:19
    뉴스 메뉴 보기
    TOP