주요 기사 바로가기

MBCドラマ「善徳女王」に盗作問題

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.18 08:27
0



昨年末に大人気の中で終了したMBCドラマ「善徳女王」が盗作問題に巻き込まれている。

文化コンテンツ制作会社のグレイトワークスのキム・ジヨン代表は17日、自身のミュージカルの台本を盗用した容疑(著作権法違反)で「善徳女王」の制作陣を昨年12月31日にソウル南部地検に告訴したと明らかにした。キム代表はまた、MBCが今月5日から公演しているミュージカル「善徳女王」と、ドラマのオンラインサービス、ケーブルテレビでの再放送、海外版権などに対する著作権侵害中止の仮処分申請を18日にソウル南部地裁に出す計画だと述べた。

キム代表は、「2005年にミュージカル『むくげの女王善徳』の台本を完成した後、公演制作を準備していた」と主張し、「自分が書いたミュージカルの台本とドラマ『善徳女王』の核心的な内容がほとんど重なる」と話している。キム代表によると、▽ミシルと善徳の対立構造▽善徳が砂漠で経験する苦難▽金庾信と善徳の愛情関係――などが一致する部分だという。金代表は、「ミシルと善徳の対立構造は歴史的事実ではなく、私の独創的アイデアだが、これだけ重なるのは単純な偶然の一致とはいえない」と主張している。キム代表は「文化コンテンツ振興院の投資を受けるために台本を国内の制作企画会社に公開していたが、その過程で台本の内容が流出したようだ」と話している。

これに対しMBCドラマ局のチョ・ジュンヒョン局長は、「キム代表が2005年に書いたというミュージカルの台本はどこからも見つけることができなかった。何を根拠にそうした主張をしているのかわからない」と反論している。また、「そうした主張を続けるならば、ドラマ作家らが(キム代表を相手取り)名誉毀損で告訴する考えだ。すべては法律が判断するもので、(キム代表が)法的責任を取らねばならないだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    MBCドラマ「善徳女王」に盗作問題

    2010.01.18 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    TOP