주요 기사 바로가기

日本相撲界に波紋を起こした元横綱の挑戦状

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.01.12 09:18
0



元横綱で国民的な人気を集めた貴乃花親方がまた日本国民の注目を浴びている。「相撲協会を改革する」とし、来月1日に予定された理事選挙に立候補する意向を示したからだ。

通常は60歳前後の相撲界の古参が立候補する相撲協会理事に、38歳の元横綱が挑戦し、相撲界は驚いている。日本メディアは「血気か、暴走か」「名家の反乱」などの表現で大きな関心を見せている。

貴乃花親方は理事出馬のために8日、所属する二所ノ関一門を離脱した。一門で出馬が認められなかったため、無所属で出馬することを決めたのだ。

相撲協会には5つのグループがあり、勢力によって各グループ1-3人を理事に選出する。理事の定員は計10人。理事は各グループの代表者の性格を持ち、同じグループでは年功序列で候補者を調整するのが慣例だ。

貴乃花親方がこれを無視した名分は相撲界の改革だ。相撲界は優秀選手の不足で外国人力士が横綱を占めるなど不振が続いている。07年には若い力士が暴行を受けて死亡したのに続き、現役選手が大麻を吸引するという前代未聞の不祥事が続出した。

貴乃花親方は「ファンサービスやチケット販売方法、選手の年俸制など全面改革し、相撲のイメージを高める必要がある」と強調した。
【今日のイチオシ記事】
・ 日本人6割「韓国に親しみを感じる」
・ 【ニュース分析】韓国経済回復でウォンが上昇
・ 「北朝鮮の人権は最悪」米国の北朝鮮人権特使が訪韓
・ 朴智星が日本のバレー選手と熱愛?
・ ‘第2のキム・ヨナ’キム・ヘジン、国家代表を超える
・ チャン・ドンゴンとコ・ソヨン、ハワイでゴルフデート


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本相撲界に波紋を起こした元横綱の挑戦状

    2010.01.12 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    TOP