주요 기사 바로가기

ユ・ジェソク-イ・ヒョリ「SBS芸能大賞」大賞を受賞

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.12.31 13:06
0



お笑い芸人ユ・ジェソクと歌手イ・ヒョリが30日午後、SBSテレビ(ソウル放送 ソウル登村洞)の公開ホールで行われた「SBS芸能大賞」で、共同で大賞を受賞した。

ユ・ジェソクとイ・ヒョリの大賞受賞は格別の意味をもつ。ユ・ジェソクは05年のKBSテレビ(韓国放送公社)を皮切りに、06年・07年にMBCテレビ(文化放送)、08年SBS、09年にはMBCとSBSで、計6の芸能大賞のトロフィーを獲得した。

テレビ業界では誰も簡単に夢見ることができない「一等でロングラン」するユ・ジェソクのパワーを証明したわけだ。また、本業が歌手のイ・ヒョリが「芸能大賞」を受けたのも異例のことだ。若い女性歌手の大賞受賞という点も稀な結果と言える。カン・ホドンとユ・ジェソクが繰り広げている「芸能大賞」のリレーシステムを打ち切った張本人がコメディアンではなく歌手のイ・ヒョリだとの点もユニークだ。

イ・ヒョリはユ・ジェソクと出演中のSBSのバラエティー番組「日曜日が好き」の1部「ファミリーがやってきた」で、すっぴんと地味な格好で登場し、歌手としてのイメージとは異なる「人間イ・ヒョリの飾らない姿」をアピール、芸能人イ・ヒョリとしての新たな市場を開拓した。

イ・ヒョリは「昨年は賞を一つもいただけなかったので、頑張れという意味で下さったようだ。歌手なので笑わせることができず焦ることも多かったが、そのたびに助けてくれたユ・ジェソクさんに感謝している」と話した。

ユ・ジェソクは「昨日も賞(MBCの芸能大賞)をいただいたのに、またいただいてもいいのかわからない。何と言ったらいいのか」とし、重い責任を感じているような口調で感想を語った。
【今日のイチオシ記事】
・ 日本、4727人にも99円補償?
・ イ・ビョンホンの元恋人、突然カナダに出国
・ 「NYはカボチャがゆ、LAは辛いチャプチェが好み」
・ キム・ヨナ、「最も知りたいスポーツスター」1位に
・ 熟年男女の性生活、10人に3人が月1回以上
・ CO2排出の少ない車両に補助金


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ユ・ジェソク-イ・ヒョリ「SBS芸能大賞」大賞を受賞

    2009.12.31 13:06
    뉴스 메뉴 보기
    TOP