주요 기사 바로가기

ソン・ユナ「友達のような母親になりたい」

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.12.30 12:52
0



女優ソン・ユナが妊娠を公表した後、初めて公式の場に姿を見せた。

ソン・ユナは29日午後ソウル往十里(ワンシムリ)のシネマコンプレックス・CGVで行われた映画「ウェディングドレス」(クォン・ヒョンジン監督)のプレス試写会の後、記者懇談会で、子役キム・ヒャンギ、クォン・ヒョンジン監督とともに舞台に上がった。来年1月14日に公開されるこの映画は、9歳の娘を残し、がんでこの世を去る母と娘ソラの悲しい別れを描いた作品。ソン・ユナはソラの母親役を演じ、たくさんの涙を流した。次は一問一答をまとめたもの。

--子役との共演で難しかった点は?

「通常、子役との共演は容易ではないといわれる。子どもの調子を踏まえて演じていかなければならず、2、3倍はより苦労する。撮影前、ある程度覚悟したが、ヒャンギちゃんが、私の考えが間違っていたことを演技を通じて悟らせてくれた」。

--一番印象に残るシーンは?

「私が死ぬ日の夜、病院でソラを抱いてラジオを聞くシーンだった。シナリオ上には非常に楽に演じられるよう説明が書いてあった。監督にリラックスして演じたいと話したものの、いざ撮影に入ると涙を堪え切れなかった。泣く姿を見せたくないため、ソラの方に顔を向けた」。

--来年、本当にママになるが。

「ソラの母親役を2、3年前に演じたなら、“母親はこうであるべき”と設定し、まねる演技をしなければいけなかっただろう。ところが、年をとり、また周囲の母親らを見ながら、ある瞬間母親をまねる必要がないということに気付いた」。

--どんな母親になりたいか。

「実際、母親になった私の姿を想像してみたが、友達のような母親がいちばん良いのではないかと思えた。子どもの目線に合わせた、仲の良い母親になりたい」。


【今日のイチオシ記事】
・ 原発輸出に残された課題 「技術の自立」を急ぐべき
・ 【社説】アジア経済外交、かけ声ばかりで中身はなく
・ 【社説】「平昌冬季オリンピック誘致」のための国家的選択
・ 「とんびが鷹」韓国は上位圏
・ 北「不法入国した米国人を調査中」
・ <フィギュア>キム・ヨナ、バンクーバーでは選手村に入らず

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソン・ユナ「友達のような母親になりたい」

    2009.12.30 12:52
    뉴스 메뉴 보기
    TOP