주요 기사 바로가기

北朝鮮武器輸送機は国際武器商「専用機」?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.12.16 08:45
0
SIPRIは武器取引の追跡と軍費支出分析に卓越した世界的シンクタンクだ。グリフィス研究員は航空機を利用した武器取引追跡プロジェクトを率いる。グリフィス研究員は「抑留された輸送機が何回も登録地を変えたのは、武器取引業者たちが法の網の目をくぐるためによく使う手法であり、背後の人物は同じだ」と主張する。

ほかの軍事専門家たちも抑留された北朝鮮武器の最終目的地がアフリカ紛争地域である可能性が高いと見ている。イギリス・ロンドンにある「ジェーンズ・インテリジェンスウィークリー」(Jane's Intelligence Weekly)編集長クリスチャン・ルミエール氏は「IL-76の運航距離と経路から見た場合、この輸送機が北朝鮮の武器を購買しようとする団体が多いアフリカに向けた公算が小さくない」と話した。

一方、ヒラリー・クリントン米国務長官は14日(現地時間)、今回の事件について「タイの強い措置に非常に満足している」と述べた。「タイ政府の措置は国連制裁が作動し、制裁を通じて武器拡散を阻む可能性があることを示すもの」と評価した。イアン・ケリー国務省スポークスマンも「今回の事件を国連安保理対北制裁委に報告するのが次の措置」とし「しかしこの事件が6カ国協議再開努力に否定的影響を及ぼさないだろう」と見通した。
北朝鮮武器輸送機は国際武器商「専用機」?(1)

【今日のイチオシ記事】
・ 日本、中国には温かく、米国には冷たく
・ シャープ在韓米軍司令官「在韓米軍、全世界に配置すべき」
・ 鳩山幸さん「韓国料理춂どれも好きです」
・ アユミ、「ICONIQ」の名でアジアデビューへ
・ ドラマ「アイリス」撮影現場で深夜に暴行事件
・ 「ヒディンク監督、北朝鮮代表監督の提案拒否」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP