주요 기사 바로가기

またあの審判…昨年減点したスイス技術審判が今度も…

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.12.07 09:55
0
妙な悪縁だ。キム・ヨナのショートプログラム技術を判定したテクニカルスペシャリスト(技術審)はスイスのマリアン・ロリオル・オバーウォラー。昨年11月の08-09グランプリ第3戦で、キム・ヨナに釈然としない「ロング・エッジ(wrong edge)」判定をした審判だ。

当時キム・ヨナはショートプログラムでトリプルフリップ-トリプルトーループのコンビネーションをきれいに処理したが、フリップジャンプでロングエッジを使ったという判定で0.8点の減点を受けた。

それまでキム・ヨナはこのジャンプで加算点を最大2点受けていた。‘ジャンプの教科書’と呼ばれるほどエッジが正確だったキム・ヨナは、この判定で名声に小さな傷を受けた。

アリアン技術審は翌日行われたフリーでも同じジャンプに「注意」判定を下した。しかしこの判定が論議を呼んだ。当時、審判がテクニカルパネルの判定をあらかじめ見ることができ、ISUは審判がロングエッジ判定に減点を与えるよう誘導していた。にもかかわらず、当時、数人の審判はむしろ加点を与え、マリアン技術審に反発する姿を見せた。

今シーズン、キム・ヨナはロングエッジ問題を避けるためプログラムの最初のジャンプをトリプルルッツ-トリプルトーループに変えた。キム・ヨナのルッツジャンプはエッジがあまりにも深くて「ロングエッジ」判定をするのが難しい。すると今度は「回転数不足」判定を下した。

ブライアン・オーサー・コーチは競技直後、「ジャンプがダウングレードされたのは理解できない」と興奮していたが、抗議しても利益はないという判断から気持ちを落ち着かせた後、「さまざまな角度からカメラを回して見たが、キム・ヨナのジャンプは完ぺきだった」と述べ、納得できないという反応を見せた。

キム・ヨナも「回転数に問題はなかったのに…」と言って首をかしげた。現場の海外記者は「安藤美姫の点数は予想より以上に高かったが、キム・ヨナの点数はあまりにも低い」とし「安藤の演技は普段と変わらなかったが、シーズンの最高点を10点も上回るのはおかしい」と指摘した。

ネットユーザーも怒りを表した。「安藤のホームアドバンテージがあまりにも大きかった。男子シングルのSPでも高橋大輔(日本)は世界選手権優勝者のエバン・ライサチェク(米国)に比べてよいとは感じなかったが、1位になった」というコメントを載せた。
【今日のイチオシ記事】
・ 日本の‘キム・ヨナたたき’判定に非難の声
・ 現代・起亜の海外生妎、トヨタ抑え世界一が確実に
・ 世界で最も味にうるさい韓国の消費者たちもこれの誘惑には・・・
・ 便器型の容器にのせたデザート…列を作る盛況ぶり
・ 「街の売店のトッポッキは違法」ソウル市、取り締まりへ
・ 中国トップ歌手王蓉、韓国で8400万ウォンで整形


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP