주요 기사 바로가기

児童性犯罪者の量刑、最長50年に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.12.03 07:17
0
政府とハンナラ党は2日、児童性犯罪者に対しては公訴時効を廃止し、有期懲役の上限を最長50年まで増やすことにした。

政府・与党はこの日、国会で会議を開き、こうした内容を骨子とした「児童性暴行総合対策」を発表、これと関連した刑法、性暴行犯罪の処罰及び被害者保護法の改正案など10法案を今月中に処理することにした。

政府・与党がこの日まとめた刑法改正案は、有期懲役の上限線を現行の15年(加重処罰22.5年)から30年(加重処罰50年)に増やした。11月に法務部が有期懲役上限線を20年(加重処罰30年)に増やした改正案よりも強化された。これを受け、チョ・ドゥスンのような悪質な児童性暴行法律違反者を事実上の終身刑に処せられることになった。

児童性暴行のほか、殺人・強盗・強姦・放火・スパイ・内乱などの罪も有期懲役上限が最長50年に増えることになった。
【今日のイチオシ記事】
・ 北朝鮮、デノミどのように
・ 「日本は改革モメンタムが消え税金が重い国になる」
・ <ゴルフ>韓国女子ドリームチーム「日本に勝슂」
・ 実験場で爆発事故…6人死傷/抱川
・ カン・ドンウォン、インテリア手がけた個人所有ビルを公開
・ 皇后の夢「古書店で長時間立ち読みしたい」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP