주요 기사 바로가기

中国副主席、来月17日に訪韓

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.11.24 08:10
0
中国の習近平国家副主席が昨年3月の就任後初めて韓国を訪問する。現在党序列6位の習近平副主席は、胡錦濤国家主席の最も有力な後継者と見られている。

北京外交消息筋は22日、「習近平副主席が来月17-19日、韓国政府の招請で公式訪韓する予定で日程を調整している」と伝えた。この消息筋は「習副主席は李明博(イ・ミョンバク)大統領をはじめとする韓国の政界指導者に会い、戦略的協力パートナー関係に発展した両国関係の懸案、北朝鮮の核問題などについて意見を交換する予定」と伝えた。

習副主席は浙江省党書記時代の05年に韓国を訪問しているが、昨年国家副主席に就任してからは初めての訪韓となる。習副主席は昨年6月、北朝鮮を初めて訪問した。このため習副主席の今回の訪韓は、南北間の均衡を考慮した側面もあると分析されている。

訪韓に先立ち、習副主席は14-17日に日本を訪問する。習副主席は日本・韓国に続きカンボジア・ミャンマーも相次いで訪問する予定だと、北京外交消息筋は伝えた。
【今日のイチオシ記事突
・ 24番目開発援助委員会(DAC)会員国となった韓国の課題は
・ NHK、東方神起の「紅白歌合戦」出演を発表
・ 【コラム】韓国でアイドルとして生きるには…
・ <スターデート>打率2割2分9厘でシーズン終えた李承?
・ 早々にアフリカに注目してきた日中、韓国は…
・ LG電子、インドネシアで液晶テレビのシェア1位


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP