주요 기사 바로가기

鉄道労組「来月2回のスト予定」…全職員年俸制導入に反対

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.11.01 01:15
0
 韓国鉄道公社労組は来月5-6日に1回目のストライキを開始し、同月中旬に2回目のストを行うことを決めたと30日、明らかにした。

鉄道労組は鉄道公社側の賃金団体協約に対する不誠実交渉を理由に、23日の争議行為賛否投票で、組合員76.5%の賛成でストを決議した。

労組は使用者側の誠実な交渉を要求し、全職員年俸制・賃金ピーク制導入への反対、新規事業の人員拡充と強制退職(希望退職)への反対を主張している。労組のペク・ナムヒ局長は「ストを決めたが、対話で円満に解決できるよう最善を尽くしたい」と述べた。

これに関し鉄道公社側は「労組が公企業の先進化を阻止するためにガス・発電などと公共部門連帯ストを行う目的で、中央労働委員会の賃金調整案まで拒否した」とし「ストが発生しても国民の生活に支障がないよう列車の正常運行に万全を尽くす」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP