주요 기사 바로가기

鳩山首相「無血の平成維新を成し遂げる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.10.27 07:55
0
鳩山由紀夫日本首相は26日、「現在、鳩山内閣が取り組んでいるのは‘無血の平成維新’」と述べた。

鳩山首相が所属する民主党は8月の総選挙で自民党に勝利し、初めて政権交代に成功した。鳩山首相はこの日召集された初の臨時国会の所信表明演説で「日本は140年前に明治維新という一大変革を成し遂げた国」とし、このように明らかにした。

鳩山首相は「官僚依存から国民への大政奉還で、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への、国のかたちの変革を試みる」と民主党の改革政策を紹介した。

外交分野では「緊密かつ対等な日米同盟」を力説した。また韓日中大学間の単位互換制度を拡充することで、30年後に東アジアの協力を担当する人材を育成しようと提案した。

続いて「私たちは地震・災害列島と呼ばれる日本に住んでいる。災害発生時にはアジア周辺国が日本と日本人を助け、日本文化を守ってくれる信頼関係を構築する」とし、東アジア共同体構想をはじめとする政策を強力に推進すると明らかにした。

一方、鳩山政権は前日実施された神奈川・静岡の参院補欠選挙で勝利し、執権初期の政策推進に弾みがついた。民主党の参院議席は113席から115席に増えた。

国民新党など連立政権を構成している政党の全体議席数は120席で、過半数(122席)に近づいた。江田五月参院議長を除いた表決の過半数の121席に1席足りない。一部の無所属議員の協力を得る場合、総選挙公約で掲げた各種法案を順調に処理できることになった。鳩山首相は「改革にまい進する姿勢が国民に評価されたと受け止めたい」と述べた。

新政権発足のおよそ1カ月後に行われた今回の補欠選挙の結果は、鳩山政権に対する国民の期待が相変わらず大きいことを示している。最近日本メディアが実施した世論調査によると、鳩山政権の支持率は70%前後と高い水準を維持している。

遅い景気回復や鳩山首相の政治献金捜査などの難題にもかかわらず、こうした高い支持率が続く場合、民主党は来年7月の参院選で単独で過半数を確保し、衆参両院で過半議席を確保する可能性もある。
【今日のイチオシ記事】
・ 韓国、「豊かさ」世界26位
・ <野球>李炳圭、中日から事実上放出
・ ES細胞論文捏造の黄元教授に有罪判決
・ 韓日中3国の漢字を同時に学べるテキストを開発/ソウル江南
・ 【社説】驚いた第3四半期の成長率…安心するには早い
・ <イシュー追跡>日本の電気自動車、高速疾走の秘密は…


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP