주요 기사 바로가기

映画「白夜行」主演のコ・ス「いつもカメラの前に立つ自分を想像していた」

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.10.21 16:34
0



コ・スが4年ぶりに映画にカムバックする。

コ・スは21日午前、ソウル東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた映画「白夜行」(監督パク・シンウ、制作シネマサービス)制作報告会に出席し、映画復帰について所感を語った。

 
コ・スはこの日、「実際に活動を中断した期間は軍隊にいる時がすべて。 残りの時間は活動を続けていたが、映画に関しては予想以上のブランクが生じた」とし「長いと言えば長い期間だが、今後の演技生活を準備する時間だと考えればむしろ短かったと考える。 軍服務中にも常にカメラの前に立つ自分の姿を想像していた」と述べた。

黒のカジュアルジャケット姿で制作報告会に出席したコ・スは始終笑顔だった。 カメラのフラッシュを光らせる取材陣に向かって「どんどん押してください」と冗談を言い、他の俳優にもイタズラをしたりして楽しい雰囲気を演出した。

撮影現場の雰囲気を尋ねられると、コ・スは「ハン・ソッキュ先輩はいつも親切で、釣りをしに行こうとみんなを誘う。 ソン・イェジンは鏡をよく見る。 私は静かに座ってシナリオを読みながらキャラクターの研究していた」と答え、笑いを誘った。

コ・スはこの映画で、愛する女性のために自分のすべてを犠牲にする男性ヨハン役で出演した。 11月19日公開。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画「白夜行」主演のコ・ス「いつもカメラの前に立つ自分を想像していた」

    2009.10.21 16:34
    뉴스 메뉴 보기
    TOP