주요 기사 바로가기

マライア・キャリー、音楽放送で「口パク」

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.10.14 14:46
0



‘ポップのディーバ’マライア・キャリーがKBS(韓国放送公社)2番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」(以下「スケッチブック」)で‘口パク’で歌い、論議を呼んでいる。

12日に来韓し、13日に記者会見を行った後、午後にKBS2番組「スケッチブック」に録画出演したマライア・キャリーは、この日、新アルバムの収録曲「I Want to know What Love is」と「H.A.T.E.U.」をリップシンクで歌った。

ライブ専門音楽番組の「スケッチブック」で、優れた歌唱力を誇るマライア・キャリーのリップシンクを聴いた観客は批判的だ。

この日現場にいた観客らは「スケッチブック」の掲示板に、「有名で出演条件が厳しい歌手であるのは分かるが、スケッチブックでリップシンクを聴くとは思わなかった。 放送用はリップシンクで録画しても、現場で韓国の観客のためにライブで1曲くらいは歌うべきではないか」と書き込んだ。

マライア・キャリーはこの日、「スケッチブック」の放送音響施設が自分に合わず、自分の音響機器をKBS公開ホールに入れるのも難しい状況だったため、リックシンクを選択したという。

マライア・キャリーは14日午後6時、ケーブルチャンネルMTVが主催するミニファンミーティングを開くなど来韓日程を続ける。
【今日のイチオシ記事】
・ 【社説】対話に臨みながらミサイル発射する北の二重性
・ ベトナムが抗議した「越南戦争」表記、国家有功者法改正案から削除
・ 世宗大王艦の武器庫、半分は空き状態
・ ペ・ヨンジュン、韓国旅行商品を開発…新たな「韓流ブーム」づくりへ
・ 「広島-長崎の共同開催、オリンピック憲章に反する」
・ 韓国「百万長者」10万5000人…11%減


最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    マライア・キャリー、音楽放送で「口パク」

    2009.10.14 14:46
    뉴스 메뉴 보기
    TOP