주요 기사 바로가기

ベトナムが抗議した「越南戦争」表記、国家有功者法改正案から削除

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.10.14 09:41
0
匿名を求めた当局者が13日伝えたところによると、政府は立法予告が済んだ「国家有功者への優遇や支援に関する法律」の改正案から、外交的にベトナムと対立する恐れがある「越南(ベトナム)戦争」という単語を削除する方針を決めた。

ベトナム政府は国家報勲処が作った改正案の同表記を問題視し、政府に激しく抗議するなど外交問題の新たな火種になっていた。このため外交通商部(外交部)の柳明桓(ユ・ミョンファン)長官が10月12日、ベトナム・ハノイを日帰りで訪問し、ベトナムのキエム副首相兼外相に会わなければいけなかった(中央日報10月13日付)。

改正案はこれまで国家有功者に含まれなかったベトナム戦の参戦者も有功者と認めるという内容が柱となっている。政府は当初改正案にあった「世界平和維持に貢献した越南戦争の有功者や枯葉剤後遺症の患者を…」という文言から「越南戦争」という単語を削除することを決めた。韓国軍のベトナム戦参戦を「世界平和の維持」と定義付けた表現を削除するということだ。

ただ政府は法を運用する際、ベトナム戦参戦者も国家有功者と認め、実質的な恩恵を受けられるようにするとしている。韓国とベトナムは92年の国交正常化当時、韓国軍のベトナム参戦などかつてのことを問題視しないことで一致した。しかし政府が今回の法律改正案で「越南戦争」という表現を使ったことに対し、ベトナム政府が不快感を示したのだ。

外交部当局者は「柳長官がキエム副首相らとの会談などで政府の立場を説明し、問題化した部分の大半が解決された」とした。この当局者は「今月下旬をめどに進めている李明博(イ・ミョンバク)大統領のベトナム国賓訪問や“戦略的協力パートナーシップ”への格上げなどは順調に進むとみられる」と付け加えた。
【今日のイチオシ記事】
・ 【社説】対話に臨みながらミサイル発射する北の二重性
・ ベトナムが抗議した「越南戦争」表記、国家有功者法改正案から削除
・ 世宗大王艦の武器庫、半分は空き状態
・ ペ・ヨンジュン、韓国旅行商品を開発…新たな「韓流ブーム」づくりへ
・ 「広島-長崎の共同開催、オリンピック憲章に反する」
・ 韓国「百万長者」10万5000人…11%減


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP