주요 기사 바로가기

「ナヨンの苦痛を考えれば…犯人の処罰は軽い」世論爆発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.10.01 09:37
0
8歳の女児を暴行し、永久に回復しない障害を負わせた「ナヨンちゃん事件」の犯人の57歳の男に懲役12年が宣告されたことに非難の世論がわき起こっている。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)ホームページの掲示板には、ナヨンちゃん(仮名)の母親が書いたとされる文が掲載され、大きな反響を呼んだ。「ひざまずいて泣訴します」というタイトルの書き込みは、「病院でナヨンの残酷な姿を見て胸が張り裂けるようでした」と犯人により厳しい処罰を下すことを訴えた。この書き込みは前日の明け方からブログやカフェなどを通じて急速に広まっているが、実際には第三者が書いたものと明らかになった。「ナヨンちゃんの苦痛を思えば犯人に対する処罰は軽い」というレスポンスが次々と書き込まれた・ジョインス・ドットコムのあるネットユーザーは「社会から完全に隔離し、一生罪を償うようすべきだ」と主張した。別のユーザーも「ナヨンちゃんが一生背負っていく肉体的被害と苦痛に比べ、犯人が監獄で過ごす12年は余りに短い。別途の量刑を追加すべきだ」と要求した。

大手ポータルサイトを中心に、犯人にもっと厳しい罰を与えたり、性犯罪関連法を改正すべきという趣旨のネット請願運動が展開された。

ポータルサイトのダウムに開設された「児童性暴行は殺人行為!法定最高刑と被害補償をせよ」という請願欄には30日午後までに30万人を超える署名が集まった。この請願欄は来年3月31日までに50万人の署名を集める目標で25日に開設されたが、わずか6日で目標の半分を超えた。

検察と裁判所は困惑した表情を隠しきれない。裁判所関係者は「殺人事件でも懲役12年が言い渡されるのは珍しく、強姦・傷害の場合懲役12年の宣告は前例がなかった。今回の量刑は決して軽くないが、国民の法感情とは異なるようで当惑している」と話す。また、「泥酔した状態で心神衰弱だったという理由で刑が軽減されたというが、これは量刑に大きく考慮されない部分で、被告人の行動に斟酌する余地があるという意味でもない」と述べた。大検察庁(最高検に相当)のチョ・ウンシク報道官は、「すでに事件が確定した状態で、今後児童犯罪と性犯罪に対するより根本的な対策に悩んでいる」と明らかにした。別の検察関係者は控訴しない理由について、「裁判所の宣告慣行に照らし合わせ、心神衰弱による軽減で懲役12年の宣告なら重刑だと判断したようだ」と述べた。控訴しなかったからと検察の責任を問うことは法理的に誤った判断ということだ。
【今日のイチオシ記事】
・ 「南北問題、韓国が当事者…米国ではなく韓国の意見を伝えるべき」
・ 「世界が韓国を尊重」自信に満ちた李大統領
・ 中国、1日に建国60周年記念軍事パレード
・  サモア諸島の津波で韓国人3人が死亡・不明
・ 日本人「ヨン様ルート」をたどる旅へ
・ 鳩山首相「私は宇宙人」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP