주요 기사 바로가기

大田市、福岡に通商事務所を開設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.10.01 08:39
0
大田市(テジョンシ)が日本・福岡市に地域企業の貿易前進基地の役割を果たす事務所を開設した。

大田市は30日、日本を訪問中の朴城孝(パク・ソンヒョ)市長が九州地域と経済交流活性化のために「大田市福岡通商事務所」を現地で開設した、と明らかにした。

開所式には朴城孝市長、福岡市の高田洋征副市長、南宮煥(ナムグン・ファン)総領事など経済団体代表と企業関係者50人余りが出席した。

福岡中央区の通商事務所(132平方メートル規模)には大田市から派遣された公務員1人と現地雇用者1人が勤務し、展示室には大田地域の企業20社の約40製品が展示されている。
【今日のイチオシ記事】
・ 「南北問題、韓国が当事者…米国ではなく韓国の意見を伝えるべき」
・ 「世界が韓国を尊重」自信に満ちた李大統領
・ 中国、1日に建国60周年記念軍事パレード
・  サモア諸島첂津波で韓国人3人が死亡・不明
・ 日本人「ヨン様ルート」をたどる旅へ
・ 鳩山首相「私は宇宙人」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP