주요 기사 바로가기

韓国の豚骨ラーメン?…済州道のコギククス(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2009.09.25 15:16
0



コギククスはいまや済州道の名物の一つとして定着している。 もともとククスは祭りの時に食べるが、済州道では人が亡くなった時にコギククスを食べる。 また済州道の人たちは酒を飲んだ後にもコギククスを食べる。 このためにククス通りは深夜0時が過ぎてからさらに客が増える。 酒を飲んだ夜の最後にコギククス1杯と焼酎1杯を楽しむというのがここでのコースだ。

「豚骨を煮込んだスープは酒を飲んだ後によく、肉はつまみによく、ククスは腹を満たすのによい」というのがキム・キョンジャさんの説明だ。 営業時間が午前6時までというのはまさにこうした理由からだ。

作り方は簡単だ。 ただ、豚の独特のにおいを除くのがポイントだ。 豚骨を大きな釜に入れて24時間煮込み、オギョプサル(5枚肉)を蒸して切る。 注文が入れば麺をゆがいた後、熱いスープを入れてオギョプサルをのせれば出来上がりだ。 豚のにおいはショウガとトウガラシ粉で作ったたれを入れると消える。 食べてみてもあっさりとした味だ。 キム・キョンジャさんは「もともとは豚の足を使用していたが、客の舌が肥えてオギョプサルを使うようになった」と話した。

実際、20年前までコギククスは済州道から消えつつある食べ物だった。 道内でコギククスを出す店は10カ所もなかったという。 しかし10余年前ごろからインターネットでうわさが広まり、済州道のあちこちにコギククス店が生まれた。 キム・キョンジャさんは「観光ピーク時には客が列を作るが、ほとんどが本土から来た人たち。インターネットのおかげで失われつつあった郷土料理が復活した」と語った。
韓国の豚骨ラーメン?…済州道のコギククス(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の豚骨ラーメン?…済州道のコギククス(2)

    2009.09.25 15:16
    뉴스 메뉴 보기
    TOP