주요 기사 바로가기

<野球>林昌勇、来週にも1軍復帰

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.09.09 14:40
0



ヤクルトの守護神・林昌勇(イム・チャンヨン、33)が来週1軍に復帰する見込みだ。

腰痛のため2軍に落ちた林昌勇は8日、 負傷後初めてボールを投げたが、痛みもなく練習日程を終えた。 関係者によると、林昌勇は1、2回ほどブルペン投球をした後、来週1軍エントリーに合流する予定という。

予想以上に速い回復だ。 林昌勇は8月初めまで自責点1の完璧な投球を見せたが、8月4日の横浜戦から不振に陥った。 その後8月29日の中日戦まで9試合で8失点もした。 開幕戦から4カ月間許さなかった本塁打も3本浴びた。

不振の原因はストレス性の腰痛だった。 今年50試合に登板した林昌勇はほとんどセーブ状況または同点の状況でマウンドに上がった。 さらに後半に入るとチームの成績も落ち、心身ともに疲労が積もった。 3位のヤクルトは4位の阪神と一時13.5ゲームまで差を広げたが、8日現在2.5ゲーム差まで追い上げられている。 毎日のように登板の準備をしてきた林昌勇はかなり疲れを感じてきたという。

林昌勇が3日、1軍エントリーから外れると、ヤクルトは危機を迎えた。 セットアッパーの五十嵐も2軍に落ち、ブルペン事情はさらに厳しくなった。 日本メディアは「林昌勇がいつ戻ってくるか分からない。 ポストシーズン進出を狙うヤクルトが最大の危機が迎えた」と悲観的な見方を示した。

しかし林昌勇は1週間でまた立ち上がった。 やや腫れていた筋肉が早期に回復し、痛みもなくなった。 8日の練習を無理なく終えただけに、来週には1軍に復帰すると期待されている。

林昌勇は12日以降に復帰できる。 しかしこの時期は名古屋遠征期間。 したがって林昌勇の復帰は横浜との3連戦が始まる15日になる可能性が高い。 今シーズン最大の危機を迎えているヤクルトにとって林昌勇の復帰はこの上ないカードだ。
【今日のイチオシ記事】
・ 韓国の国家競争力、13位から19位にダウン
・ ジェボム、脱退後に米国へ…2PMの今後の活動は?
・ 日本の部品・素材会社「韓国パートナー探します」
・  【コラム】サルにも劣る韓国政府
・ 「新型インフルが脳死を誘発」 韓国で世界初めての例
・ ヒョンビン、日本のファンミーでピアノ演奏及び歌のプレゼント


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>林昌勇、来週にも1軍復帰

    2009.09.09 14:40
    뉴스 메뉴 보기
    TOP