주요 기사 바로가기

釜山国際映画祭、「チャン・ジニョン特別展」も

ⓒ JES/中央日報日本語版2009.09.09 10:23
0



今年の釜山国際映画祭は、チャン・ドンゴンが開き、チャン・ジニョン追慕展が開かれる。

釜山国際映画祭(PIFF)組織委員会は8日、プレスセンターで記者会見を開き、10月8日から16日まで開かれる第14回釜山国際映画祭に過去最多の70カ国・355作品を招き、海雲台(ヘウンデ)と南浦洞(ナムポドン)一帯6館で上映すると明らかにした。

開幕式は10月8日午後、水営湾(スヨンマン)野外上映場で開かれる。オープニングはチャン・ジン監督の「グッドモーニング・プレジデント」だ。チャン・ドンゴンが久しぶりに韓国の作品に出演する上、若い大統領という役柄で期待が集まっている作品だ。クロージングは中国の陳国富監督の「風声」が選ばれた。

長編コンペ部門の「ニューカレンツ」をはじめ、「ガラプレゼンテーション」「ワールドプレミア」「韓国映画の今日」など11部門で進められる。世界で初めて公開される「ワールドプレミア」が過去最多の98作品、自国外で初めて公開される「インターナショナルプレミア」が46作品だ。「ニューカレンツ」に出品された12作品はすべてワールドまたはインターナショナルプレミアだ。

「ガラプレゼンテーション」では、ジョシュ・ハートネットとイ・ビョンホンが主演の「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」、アン・ソンギとイ・ハナが主演のラブストーリー「フェアラブ」、ミン・ギュドン監督の「終わりと始まり」が上映される。

1日に死去した女優チャン・ジニョン特別展も開かれる。チャン・ジニョンが出演した映画「鳥肌」「青燕」「シングルズ」の3作品が上映される予定だ。

アジアの代表的なプロジェクト市場となっている釜山プロモーション(PPP)とアジアフィルムマーケットは10月11日から14日までシークラウドホテルなどで行われる。

キム・ドンホ執行委員長は、「新型インフルエンザに対する懸念があるようで、万全の準備をした。釜山市と白病院が共同で対策チームを構成し、医師が現場に常駐しながら診断と処方ができるようにし、消毒剤8万個を確保した。ファンのみなさんは安心して釜山を訪問してほしい」と話している。


【今日のイチオシ記事】
・ 韓国の国家競争力、13位から19位にダウン
・ ジェボム、脱退後に米国へ…2PMの今後の活動は?
・ 日本の部品・素材会社「韓国パートナー探します」
・  【コラム】サルにも劣る韓国政府
・ 「新型インフルが脳死を誘発」 韓国で世界初めての例
・ ヒョンビン、日本ファンミでピアノ演奏及び歌のプレゼント

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    釜山国際映画祭、「チャン・ジニョン特別展」も

    2009.09.09 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    TOP